2017年01月06日

15-16データ対戦を振り返るA最終的に勝てるチームは大きく分けると2パターン

データ対戦振り返りの2回目はバージョン末期の今更感はありますが、勝てるチームがどういうチームなのかについてです。

15-16バージョンは勝てるチームは大きく分けると2パターンだと思います。

1つは皆さんもご存じのインテル、数値の高い黒カードとイブラ、エトー、ブレーメ辺りを入れておけばチャンスあります。

それどころか、ロベカル左ウイングバックのトップ下スタンコビッチ、左ウイングレコバ、合わせはカヌでもベスト4だったので人選も問わないレベルで強いと言えます。

インテルににた感じではイングランドもありますが、少し安定感に欠ける感じです。

もう1つはレアKPにGを付けてしっかり育成したテンプレチームです。

昨日の記事で後日と書いたガチ5Rチームは連携を無視して強いと思う選手を選抜、選んだ選手の中にエウゼビオがいるのですが、合わせは相当良いですが、クリロナ以外とは連携が最悪です。

なので、リストバンドを大量に使って10人くらいはリストバンドで連携を繋げました。

更にシルバー&ブロンズシューズは全放出で5足くらい使いました。

そして、KPも全部にG付けました。
付けたKPはロケット・パスG、バイタルガードG、ペナルティガーディアンGです。(KPにGが付くかは運の要素も大きいのでラッキーでした)

恐らく、私が育てた15-16チームの中では最も完成度の高いチームになりました。
120試合くらいで仕上がったのでエリア出したらあっさり取りました。(ジャパンは惨敗したけど)

この結果からも私は現在のデータ対戦勝つには手軽にやるならインテル、がっつりいくなら5RチームでレアKPにG付けてしっかり育成かなと思っています。

とは言え、運の要素も大きく、配置や調子もあるので一概には言えないんですけどね。

まあ、それもWCCFの面白さでもあると思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:01| Comment(0) | データ対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

15-16データ対戦を振り返る@流行を早めに掴むのは重要

15-16バージョンは12月末の時点で4回エリアを取っているのですが、取れたチームはインテル、5Rチーム、左攻めのレアル縛り、データ対戦狙いのガチ5Rチームの4チーム。

データ対戦狙いのガチチームは後日に話すとして、残りの3チームが取れた理由は流行を早めに掴んだからということが大きいかと思います。

インテルに関しては最初のデータ対戦でジャパンかワールドのどちらかを優勝していたので強いのではと思い、翌週には立ち上げていました。

結果、3月の上旬くらいに取れたのですが、その時はインテル縛りが1トーナメントに数チームでしたのでかなり優位性があったと思います。

5Rチームに関しても3〜4月くらいに取っていて守備KPはスティールボールランでしたので、この頃はダブルバンがかなり残っていたのでこれも優位性があったのかなと思います。

レアル縛りに関しては過去に記事でも書きましたが、本当に左攻めのチームは少なかったので最初から左攻めのチームとして育てればいけるというのは証明できたかなと思います。

後はインテル縛りは右攻めで右ボランチやウイングバックをオーバーラップさせるので、明らかに左攻めに弱いので、そこを突けたのも大きいです。

実際、エリアではインテル縛り相手に4-0、5-0と大差で勝つ試合もありました。

こんな感じで早いタイミングで流行というか、強いKPを見極めれるのは重要だと思います。

次のバージョンはネラッズーリはKPの内容が変わり衰退するのは確定なので、バージョンアップ直後はかなり大きな変化があるのではと思います。

後日にこの辺りも書きたいと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:01| Comment(0) | データ対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

ロケテも店内データ対戦はダイレクトシュート打たない仕様なので意図的に設定してるっぽい

ロケテストでユニバーサルチャンピオンシップの試合を観ていたのですが、現在と同様にセンタリングはトラップしてからシュートしていました。

SEGAの対応を見ていると割と簡単に出来る要望や多くの人が望んでいて売上に直結しそうな要望はかなえているので、店内のユニバーサルチャンピオンシップをエリアと同じ動きにしないのは意図的に設定している感じがします。

エリアと同じにするだけなら大変ではないと思いますので、普通に考えると、店内は初心者でも抜けれるように等の意図があるのかなと思います。

ただ、現状の登録状況を見れば、1日のユニバーサルチャンピオンシップ登録数は0の時もあれば4の時もありますが、平均で1〜1.5くらいではないかなと思います。

平日なら2回くらい、休日でも3〜4回くらい登録すれば1回くらいの確率で一人旅ではないかと思います。

そう考えると、別にそこは配慮しないでも大丈夫ではないかなと思います。
むしろ、エリアで勝つことを考えると、そこで自分のチームの試合中の動きが見れる方が有益な気がします。

もし、初心者に優しくするのであれば、年俸30億円以下は任期の最後に推薦状が1回来るとかの方が良さそうな気がします。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:15| Comment(1) | データ対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする