2017年08月25日

ポジション別データ対戦で勝つために必要な能力 ボランチ編

今日はデータ対戦で勝つために必要な能力、ボランチ編を書きます。

ボランチは一番遊べるポジションであり、一番勝負を左右する大事なポジションです。

まず、定番と言えるのはプレスディフェンスのレアKPを持っているシャビ・アロンソ、ダイナモのレアKPを持っているデ・ロッシ、左利きで攻守に渡って活躍するダビッツ辺りでしょうか。

この中で文句なしと言えるのはダビッツ、やはり左ボランチは左利きを置きたいと考えると替えの利かない選手と言えます。

逆に一番微妙なのはデ・ロッシです。

実はダイナミックダイナモのデ・ロッシはPK下手です。

かなりの確率で外すのでPKが多いデータ対戦では微妙です。

同じダイナミックダイナモでもスタンコビッチの方がPK適性Sで入りますし、守備も全く問題ないのでオススメです。

シャビ・アロンソは個人守備や他の選手でプレスディフェンスのレアKPを賄うなら違う選手でも良いかと思います。

実はシャビ・アロンソの場所が一番の遊びポジションで個性を出すならここを変えることをオススメします。(フェライニとかたまに見かけます)

こんな感じで必要な能力をまとめると、左ボランチは左利きで力強い守備、真ん中と右に関してはチームによりますが使えるKPとPK適性です。



ちなみに、ダビッツは01-02でも02-03でも大差ないです。







人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:20| Comment(0) | データ対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

ポジション別 データ対戦で勝つために必要な能力 FW・トップ下

昨日の記事の続きでデータ対戦で勝つために必要な能力をポジション別に書きたいと思います。

今回はFWとトップ下です。

FW、CFに関しては昨日も書きましたが合わせに強いこと。

逆を言えばそれ以外は目をつぶることが可能なので一番遊べるポジションです。

まあ、ドリブルとか抜けるとユニバーサルチャンピオンシップで対人の時とか強いのであるに越したことないけど。

ウイング、サイド適性やドリブルの巧さが一般的ですが、意外に必要なのはロングボールを収める能力。

ロングパスがサイドに来たときにキープ出きるかどうかは非常に重要です。

後はサイドを走り込んでダイレクトに上げれるとチャンスが増えるのでそれも欲しい。

トップ下はオーバーラップする動きが出ること、ある程度前線でボール奪取が出きること。

ウイングとトップ下に関してはダイレクトでロングパスを捌く能力が高いのも重要かも。

続きはまた明日書きます。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:02| Comment(0) | データ対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

データ対戦で重要なこと3つ

あんてな見てたら久しぶりにデータ対戦について熱く語られている記事がありました。

今日はそれに触発されて、データ対戦について書きたいと思います。

データ対戦で重要なのは大きく分けて3つあります。

1.キープレイ(KP)
とにもかくにもKPは重要です。

データ対戦勝ちたいなら、KPは考える必要があります。

オフェンスKPならクロス重視かアーリークロス。

ムービングも悪くないけど、基本的に早くクロス上げる以外はパルプンテKPなので予測不能な面があるのでギャンブルです。

後はクロスはGがあるのと無いのは大きく違うので出来ればG付けたい。

ディフェンスKPは個人守備かプレス重視、ハードプレスも条件付きでありかな。

プレスの場合はダイナモ必須、出来ればレアKPが望ましいです。

ハードプレスはレアKPでGがあれば普通にスタミナもつけど、それ以外は厳しい感じです。

補助KPはPKセービングかダイナモが必要。

PKセービングはG付いたら熱いです。

2.フォーメーション
サイド、AIがダメダメなので片攻めするしかないです。

単純に消去法でサイド片攻めです。

中央にするとボランチも上がっていくので失点が増えるので厳しいです。

両攻めサイドは反対側の選手が現実みたいに中央に絞れば良いのに遠くで遊ぶことが多いので厳しいです。

個人的には片攻め飽きてるんですけどね。

DFラインは4〜5枚、3バックはサイド蹂躙されるので厳しいですが、やるなら超人DF3枚をレアカードで入れるパターンかな。バレージ、シレア、テュラムとかね。

3.メンバー選考
とりあえず、KP押さえて数値高いの使えば大丈夫感はありますが、初心者が陥りやすい罠があります。

割と昔から書いてますが、サイドバックは空中戦強い選手を置くべき。

試合映像を見るとわかりますが、CFをマークするのが逆サイドのサイドバックになりやすいので空中戦弱いとヘディングされ放題になります。

後はCF、足が遅くても良い、テクニックが無くても良いから合わせが強い選手を置くべき。

特にヘディングは重要でヘディング強ければ他は割り切って遊ぶことも可能です。

ぶっちゃけ、ビアホフでもコバチェビッチでもエリア取れる可能性あると思います。

最近では釜本で取ってる人がいました。

一応、今バージョンだけでエリア5回取ってるので大きな間違いは無いのではと思います。

とりあえず、以上になります。

参考記事
http://wccf89foot.seesaa.net/s/article/452851236.html

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:01| Comment(2) | データ対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする