2014年07月05日

12-13 ver.2.0で排出が多いと感じる白黒カード

最近、レアがやたらと被ると釣果報告で書いていますが、
レア以外にも白黒カードもやたらと被っている印象です。

なので、2.0以降に引いたカードを確認したところ、以下のカードをたくさん引いてました。

白 セルヒオ・ロメロ 4枚
白 マルコス・ロホ 3枚
白 アンドレア・バルザーリ 3枚
白 マサト・モリシゲ 4枚
白 ヤスヒト・エンドウ 5枚
黒 リオネル・メッシ 3枚
黒 ダビド・ルイス 5枚
黒 チアゴ・シウバ 3枚
黒 ネイマール 4枚

こんな感じで被りまくっています。エンドウやモリシゲに至っては1日で2枚引いた日もありました。
モリシゲの3枚あとのモリシゲとか。。。

ダビド・ルイスはレアも3枚持っているので、どんだけ引くんだと。。。

後、ネイマールとメッシは自分以外の人もたくさん引いているようなので、
確実に排出量が他の白黒より多いのではと思っています。

久しぶりの付録カード付


付録レアカード付


人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。



posted by ブログ主 at 00:32| Comment(0) | wccf 12-13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

公式大会本戦への近道?





今年で9回目となる全国大会「The 9th PRE WCCF CUP WINNER'S CUP」ですが、
既にジャパンゲーマーズライブというイベントにて1名を決めるということが発表されていましたが、
その大会にエントリーする条件がwccf.netに掲載されました。

img_0zenkoku.jpg

条件は下記になります。

・このランキングは、6/23 AM7:00~7/14 AM2:00までの合計協会ptランキングです。
・ptは、協会所属メンバーの戦績によって加算されます。
・ランキングは1日1回集計され、7/14 AM5:00にランキング順位が決定します。
・最終ランキング順位の上位32位までの協会メンバーに応募資格があります。
・応募資格は7/14 AM5:00時点でのデータを参照します。
7/14 AM5:00以降に協会が解散した場合、協会を脱退した場合でも応募資格や順位には影響ありません。
・応募後に協会が解散した場合も7/14 AM5:00時点での協会所属とみなします。
・応募後に協会を脱退した場合も7/14 AM5:00時点での協会所属とみなします。
・同じ協会で2人以上の応募があった場合は期間中の獲得協会ptが多い方を選出いたします。
・同じptの協会が複数になった場合は、設立日時が早い協会が上位になります。
・協会内に同じptのメンバーが複数になった場合は、対象協会加入日時が早いメンバーが上位になります。
・応募資格を獲得し、かつ応募を希望される方は集計期間終了後に公開される 応募用メールアドレスへ応募要項をお送りください。

機能を実装以来、称号が貰える程度でお飾りとなっていた協会にテコ入れをしようという戦略でしょうか?
この発表により起こりそうなのは既存の協会の再編成。
今まではお遊び程度に行っていた協会活動をガチな人員のみで構成して、
上位選出を目指すグループが増えそう。

さらには複数のAimeでプレイしていた人が大会用の本命Aimeを決めて、Aimeをひたすらプレイしそうな気がします。
ちなみに、注意しなければならないのが協会内で1名のみが選出されるという点です。
なので、協会自体が上位を維持しつつも、個人でもMVP級のプレイ量が必要という過酷な選出方法です。

この施策は売上効果が大きそうなのでゲームの活性化という意味では良さそうですね。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。



posted by ブログ主 at 00:33| Comment(0) | wccf 12-13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

公式サイトのレギュレーションは新規ユーザーの参戦が目的らしい

セガR&D公式サイトに掲載されている柏田プロデューサーのインタビュー記事にて、
昔のカードがないから勝てないという理由で大会に参加しないユーザーがいるという分析をしていて、
新バージョンのカードを8枚以上というレギュレーションを追加したと言っています。

確かにその通りで、MVPのクリロナやカカ、プジョルやラサナ等のテンプレカード無で
大会用チームというのは確かに厳しいのかなという気がします。

中には直近の数バージョンでも強いチームは作れるという人はいますが、
実際に公式大会のエリアや全国に出ているチームを見たときに、最新バージョンのカードだけ、
もしくはそれに近しいような人選になっているチームはほとんど無いので、
結果から見るにはセガの分析は正しいと思います。

他にも過去のカードを使える状態をキープするという話、特にソーシャルゲームと比較をしていて、
最新バージョンが極端に強くなるのは避けると明言しています。
その点から考えると13-14で検討されているカード合体の話も過去のカードが使える形になると
考えて良いのかなと思います。

結構、踏み込んだインタビューなので、面白いかと思いますので興味のある方は下記にて見ることを
おすすめします!

http://buzz.sega.jp/2014/05/wccf12-13_ver2_01.html

SGK最新号の予約はこちらから




人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。



posted by ブログ主 at 00:32| Comment(2) | wccf 12-13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする