2017年02月13日

現時点で考えている効率が良い育成方法A

今回は立ち上げ後の実際の育成について書きます。

この記事もあくまでも自分なりのという感じなので、その点はご了承下さい。

後、そんなの知ってるよと言うことも書いてありますので上級者の方にはあまり参考にならないかもしれません。

まず、重要なのはミーティングルーム、序盤〜中盤は「活躍した」、「優勝したい」、「オフェンスに不安が・・・」等の個人育成に関係するコメントの人は優先的に呼び出します。

逆に「試合に出たい」、「連携」等は無視します。

上記の優先的に呼び出す人のコミュニケーションが終わったら個人能力の育成に専念します。

序盤〜中盤は個人育成に専念する理由は攻略wikiに情報がありますが、LV10までは長所と短所のどちらかの選択肢になるので複数のパラメータが伸ばせます。
更に延び幅もトータルでは高いと思うのでこれを上手く使いたいからです。

上手く育成すればスタメン全員がダブルアップくらい狙えます。

自分が16-17で立ち上げたアトレチコ縛りは在籍選手のグリーズマンのみで師弟0人スタートですが、
95試合でスタメン全員LV30、+5が1人、+4が2人、+3が3人、+2が5人でした。

終盤は連携を中心に行うことでチームを仕上げていきます。
余力があれば投入率が高いスーパーサブも+1くらいは鍛えると良いかと思います。

こんな感じで育てると見た目上は強そうなチームに仕上がります。

ただ、仕上がっても強くなるとは限らないけど・・・

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:02| Comment(0) | wccf攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

現時点で考えている効率が良い育成方法@チーム立ち上げ

今回は現時点で考えている自分なりの育成方法について書いてみます。

全てが判明しているわけではないので、自分なりのという感じなのでその点はご了承下さい。

まず、チームの立ち上げについて、以前、記事でも書きましたが在籍選手は育成がかなり良い感じなので、使う予定の選手がいるチームを積極的に選びましょう。

私の選んだ時の育成具合はLV20前後、2〜3パラメータがアップ寸前残りも半分くらいゲージが溜まっている状況でした。

サンプル3件なので何とも言えないですが、在籍選手はトリプルアップくらいは割と安定して出来ると思います。

次にコーチの指名ですが、基本的に特別練習はグラフが大きい箇所が選ばれやすいので、チーム立ち上げ前にどこを震撼させるのか決めておいて、コーチを決めるのが良いです。

震撼させたい箇所だけを数値20のコーチ、それ以外は18くらいで始めるのが良いです。

震撼箇所以外のコーチをあまりに低い数値にすると、そのまま50試合くらいコーチが辞任しなかった場合は悲惨なので避けましょう。

上記のように設定すれば、震撼したい箇所が一番伸びるので自然と特別練習で選べるようになります。

こんな感じで立ち上げると効率良く育成する下地が出来ると思います。

次回は実際の育成について書いていきたいと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:04| Comment(0) | wccf攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

ユニオントロフィー(ユニトロ)をプレイする時の注意点

想像していたより盛り上がっているユニオントロフィーについて注意点を書きたいと思います。

まず、相手のランクによって貰えるポイントやWGが異なります。

当然ですがDランクよりSランクの方がたくさん貰えます。

次に怪我したら調子が上がらない。
ユニバーサルカップ同様に怪我をすると調子が紫色のままなのでご注意下さい。

最後にセンモニが2つ以上あるお店は1筐体毎に別の店舗扱い。
あまりないと思いますが、8×2で16台設置のお店等は1筐体毎にお店が違うので注意が必要です。

特にランキング上位を狙う時や1位のお店でプレイしてユニフォームをもらう場合は違う筐体側でプレイすると貰えないので注意しましょう。

上記の点には注意してユニオントロフィーはプレイしましょう。

※修正しました

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:03| Comment(8) | wccf攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする