2017年07月08日

シューズを使わない育成の限界はどれくらい?

シューズを使わないで個人をどこまで育成出来るのかを考えてみました。



普通に育成すると、



他の方からのご意見で師弟関係を上手く使えばスタメン全員オールアップくらい出来るかもというご意見もいただきました。

個人的には師弟関係だけでなく、三択で大当りがある選手を選ぶ(育成用にカードの差し換え含めて)必要もあるかなと思いました。

後、ポジションによってオールアップより特定ヶ所がダブルアップの方が良いのではという意見もいただきました。

確かにGKやDFはオフェンス、テクニック、スタミナ辺りはいらないかもしれないですね。

という事で、師弟なしのゼロベースのチームでも数人のオールアップとスタメン全員がダブルアップ以上くらいは作れそうです。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:03| Comment(3) | wccf攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

白GKのNEW8は誰が良いのかな?

そろそろNEW8作ろうかなと考えているのですが、まず、GKに悩む。

PKキーパーのアレオラは使うとして、スタメンは誰が良いのだろうか?

今、考えている候補はグラトロで割と見かけるフェアマン、追加カードの中では良さそうなモラレス、数値だけならフェアマンより良さそうなロリス・カリウス、ベタなところでドンナルンマという感じです。

後はエクストラカードのツィーラーなんかはどうなんでしょう?

KPとか考えるとクロスセービングのフェアマンか降臨のモラレスが良さそうな気がします。

組織守備のGKって何となくダメな印象があるし、シュートセービングも微妙な印象があります。

とりあえず、悩ましいのでTwitterでもアンケート取ってるので投票していただけるとありがたいです。



人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:02| Comment(1) | wccf攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

ペナルティガーディアンの効果とPK戦の演出

最近、ペナルティガーディアンを使い込んだことにより、改めて効果がわかってきたことを書きます。

まず、ペナルティガーディアンとはご存知の通りPKセービングのレアKPです。

効果について基本的にはPKを止める確率が上がります。

KPの説明文はこちら
「PKセービング以上にPK阻止率が上がる。」

ただ、その過程を分解していくと、面白いことがわかります。

恐らく、実際の効果はキッカーが蹴った方向に飛ぶ確率が上がるということだと思います。

確率で言えば、約5割くらいキッカーが蹴った方向に飛びます。
ここで重要なのは必ずしも止めるわけではないという点です。

見ていると、流れが悪い試合は蹴った方向に飛ぶけど、タイミングが合わなくて入ったり、ボールに触るけど入ったりします。

結果的に止める確率は4割弱くらいではないかなと思います。(ブッフォンの場合)

つまり、PK戦はキッカーのPK適性、GKのPKストップ力、試合の流れの良し悪しが絡んで結果が出て来ます。

その為、ペナルティガーディアンなのに普通の白GKに負けたりということが起きたりします。

とりあえず、私が考えるペナルティガーディアンの効果とPK戦の演出について考えてることは以上になります。

ちなみに、ペナルティガーディアンを持っている選手は下記になります。

16-17 ver.1.0時点ではペナルティガーディアンの中ではブッフォンが非常に強力で次点はカシージャスです。

去年まではカシージャスの方が強かったので今後も序列が変わる可能性もあります。

クルトワ、パロップは微妙でちょっと変わったペナルティガーディアンをお求めならレイナが良いかなと思います。

ジャンルイジ・ブッフォン


イケル・カシージャス


ティボー・クルトワ


ホセ・レイナ


アンドレス・パロップ


人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:33| Comment(2) | wccf攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする