2014年04月17日

ルーニーはスピード系

どうやら、FIFAの調査によるとルーニーはリベリーやロッベンより速いスピードはありそうです選手なようです。

http://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20140409/180995.html

しかし、wccf的にはこれを基にルーニーのスピードが16以上になったらトータル数値がヤバそう。

まあ、ボランチもやるセンターフォワードなんてルーニーしかいないからトータル数値が高くても良いのかな?

たぶん、

19/9/17/18/16/17 total96

とかなりそうですね。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。



posted by ブログ主 at 00:09| Comment(0) | wccf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

コードオブジョーカーの基本料金無料の衝撃

どうやらコードオブジョーカーが基本無料という形でロケテを実施しているようです。

〜基本無料に関する詳細情報〜
Ver.1.2から基本プレイ無料へ
・「EN」があれば無料でプレイ可能
・「EN」は時間経過、もしくはクレジット投入で回復
※時間経過の場合1分=1EN(最大100ENまで回復)、1クレジット=+100EN(最大200まで回復)
各モードで消費されるEN
※重要:カードは各モードの対戦後に必ず貰える
・全国大戦50EN
・店内対戦30EN
・CPU戦30EN
・デッキ編集10EN(180秒)
※デッキ編集はスマホサイトから無料で編集可能
・チュートリアル 0EN(初回のみ無料)

簡単に言うと、お店に行って、全国対戦2試合は無料でプレイ可能。
⇒ライトユーザーが劇的に増えそうな感じはあります。

ヘビーユーザーも100分経てば2試合プレイ出来るようになるので、長時間ゲームセンターにいる方は
無料でもある程度プレイ出来そうです。
⇒例えばCOJプレイしてからwccfを2時間プレイすればその後に無料で2試合COJがプレイ可能

上記の改修により、通常プレイのカード排出は低級カード連発になりそうな予感はありますが・・・

詳細はこちら
http://blog.livedoor.jp/akege/archives/1001174365.html#more

上記をもしWCCFに流用出来るなら、物理的なカードはコストが掛るから排出なしを作る必要はあるけど、
カップ戦を100円でプレイ可能、CT・JTでも200円。
ワールドトロフィーだけなら2試合やって、休んで2試合、もしくは500円くらいで15試合くらい出来るかも。

カードの取り扱いをどうするかという課題はあるけど、凄く良さそう。
何よりも今までのカードが使えるWCCFこそユーザーの恩恵はありそう。

まあ、版権使用料が掛っているWCCFでは基本無料は無理っぽいですが。。。

とりあえず、カードはスターター販売機に任せて排出なしにするのも一考ではと思ったりするのは
私だけでしょうか?

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。



posted by ブログ主 at 00:32| Comment(0) | wccf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

バージョンアップ前にWCCFの改善案を考えました

NOBUAKIさんのブログを見て私もWCCFの人気がどうすると回復するかを考えてみたいと思い、
書いてみます。

まず、大きな考え方として3つの方針があります。
1つ目は新規ユーザーの開拓。

こちらに関してはNOBUAKIさんがおっしゃってるようなスターターパックのバリエーションを
増やすというのはとても効果的だと思います。

SEGA的にはプレイしてコンプリートを目指して欲しいという点と、
初期のバージョンの頃の強い黒を引いた時の喜びを残したいと言うのであれば、
せめて、スターターパックを全白ではなく、5R仕様に変更しても良いのではないかと思います。
また、11枚といわずにベンチを含めた16枚に仕様変更した方が良いと思います。

次に考えるのはヘビープレイヤー向けのやり込み要素を増やすという点です。
称号が選べるようになる点やCPUモードの搭載等は最強チームを目指す人には
喜ばしいことだとは思いますが、それ以外にも特定のチームや珍しい選手を
使うという楽しみ方をしているヘビープレイヤーもいるので、
選手アルバムのような機能を持たせて、1試合でも使った選手を記録していき、
称号等に活かせると、特定の選手だけが使われやすいという現状を打破できるのと、
上記のようなタイプのプレイヤーもやりがいが増えて良いのではと思います。

最後にお店側の裁量を増やすという点です。
どこまでが事実かは分かりかねますが、クレジットサービスやカードの取り扱いに
対して、かなりSEGA側からの縛りがあり、カード排出なしの低価格や過去のカード等の
余り分を景品に使う等は店舗側がSEGAからの制裁が怖くて出来ないという話を
お店側からは良く聞きます。

現状は既に昔のやり方では売上が減っていくのは目に見えているので、
思い切って、値段の設定やカードの取り扱いはお店に任せてはどうでしょうか?

例えばですが、カード排出なしの1,000円15〜20クレジットのお店や
1クレジットにつきカード2枚排出で1,000円3〜5クレジットの店があれば、
プレイヤー側も自分のプレイスタイルに合わせて選ぶことが出来るので、
稼働が良くなるのではないでしょうか?
特に後者の1クレジットで2枚等は時間のないサラリーマンからすると、
夜の10時から閉店までの2時間でレアが出せないので平日はプレイしないという人を
平日も2枚モードがあれば2時間で25枚くらい引けるので遠慮なくプレイできます。

※カード排出なしは一部の店では見かけますが、一般的ではないので書きました

こんな感じでまだまだ沢山やれることはあると思いますので、SEGAには少しでも長い間、
WCCFの継続が出来るように工夫をしていただきたいと思います。

ちなみに、参考までにNOBUAKIさんの記事はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/wccfnobuaki/archives/34288247.html


WCCFあんてなに参加しています。











posted by ブログ主 at 16:50| Comment(2) | wccf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする