2016年01月22日

豪華付録はWCCF終わりへの始まり

今回、久しぶりにWCCFに対してネガティブな記事を書きます。

正直、読んだ後に気分を害される方もいるかもしれませんが、あくまでも私の持論ですので、その点はご了承ください。

それでは本題ですが、なぜ、豪華付録は終わりへの始まりなのか?

それはどんどんインフレが進むからです。
仮にですが、豪華付録の3人、クリロナ、ネイマール、ノイアーがMVP等の上級を除いて考えた場合に各選手のカードで最上級の強さを持っていたとします。(具体的に言えば、クリロナが13-14POSやSOC並に強い)

そうなると、何が起こるかというと!ひとつは通常排出での人気選手の価値下落スピードが速くなる。
今もバージョン末期には優良な通常レアカードでもワンコインが当たり前ですが、付録で持ってるとなれば一層加速しそうです。

ふたつ目は付録価値の下落、普通に考えると、クリロナが付録になった後にSOCでトータル90未満のカード等が付録になっても雑誌の販売促進にならないかもしれません。
現在も電撃アーケードの付録等は微妙ですが、一層微妙な評価になりそうです。

そうすると、何が起きるかと言うと、通常排出も上級レアを増やそう、付録も豪華にしようとどんどんインフレしていきます。

最後に待っている結果はプレイヤーの使用カードの画一化です。
既にテンプレという言葉があるようにこの現象は起きていますがより進むと思います。

一例であげると、MVPクリロナはないから付録クリロナにしよう。
なぜなら、クリロナの変わりにリベリーやロッベン使っても勝てないからなと思う人が増えます。

そうすると、過去のカードや個性的なカードを使う人はますます勝負度外視になります。

もちろん、勝負度外視で趣味チームという発想もありますが、当然ながら趣味チームでプレイしている人も可能なら対人で勝ちたいと思いますし、その方が面白いはずです。

そうなると、CPU相手に強くてもその先の対人ではテンプレ相手に勝てない&趣味チーム同士で対戦することも少ないという感じで結果的にプレイ数は減ると思います。

今も起きていますが、対人で勝負するならテンプレという流れになり面白味は失われそうです。

つまり、プレイヤーの幅が減り、稼働が落ちる可能性が高そうです。

そうすると、結果的には豪華付録は終わりへの始まりとなるのではと思います。

まあ、豪華付録は正確には終わりへの始まりの2歩目で1歩目は13-14のレアカード排出率アップとレア枚数の増加にあるような気もしています。

豪華付録と去年のレア排出率アップと枚数の増加に共通するのはレアカードの安売り、私も仕事でエンタメ系のコンテンツを取り扱っているので少しわかるのですが、コンテンツの安売りは寿命を縮めます。

厳しい言い方をすれば、面白いことが思い浮かばないのでお金で解決します、安売りしますと言っているようなものだと思います。

そう言う意味ではSEGAにはもう一度知恵を絞って面白くすることに注力して欲しいと思います。

私はWCCFにずっと続いて欲しいと思いますので、頑張って欲しいと思いますし、微力ですが応援したいと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 09:28| Comment(22) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう意見には賛成ですね。仰る事はよくわかりますし、記事の内容を見て確かにそうだよなと思いました。

もちろん、そうなってほしくはないですからセガさんには検討というか考えてほしいですよね
Posted by ナナシ at 2016年01月22日 09:46
BBHが稼働停止になってWCCFに流れて来た者ですが付録はあまりありませんでしたがBBHも最後の方はキャンペーンやレアばかり出してましたね。正にこの通りだと思います。
Posted by at 2016年01月22日 10:01
良い付録を付ける事によって雑誌が売れる。
これは良い事ですよね。
カードの価値。
これは、はっきり言ってセガは全く重視してないと思いますね。
セガの売り上げはカードをゲーセンに売る事ですしね。
別に500円だろうが1万だろうがセガには関係無いです。
稼働率の低下。
これは現行のS級決勝が強制対人の仕様よりも良いと思います。
趣味チームでも全冠出来ますから、テンプレを使ってない人でも最低限の目標で有る全冠がしやすくなる事は逆に稼働率が少しながら上がると思います。
逆にWTメインの人の稼働率が下がると思われるのでトータル的にはトントンじゃないかなと。
多分、16-17でWTは復活すると個人的には思っていますが。
個人的には1人でやっていても楽しい仕様になるんじゃないかなと思われます。
Posted by 太郎 at 2016年01月22日 10:05
カードの価値なんてのはSEGAには関係なくて、金銭取引(ソシャゲでいうところのRMT)を撲滅したいんじゃないかと。
Posted by at 2016年01月22日 10:17
確かに豪華付録ですが、現在の上級綺羅と呼ばれるカードはそれなりの値段をしてますし、今回のクリロナは結局MVPより数値は低いので、あまり気にしない方が宜しいかと… 使用感の問題で、結局MVPしか皆さん使って無いですよね…

また今のWCCFの状態ならカード価値は仕方ないと思います。 以前のようにバブルみたいな値段にはこれからもならないと思うので。
Posted by 通りすがり at 2016年01月22日 10:24
カードパワーで勝敗が決まる仕様のWCCFであれば、カードのバブルはゲームの寿命を縮めるでしょうね。
しかし、ゲームバランスをカード移動必至にした場合、0910バージョンなどのように様々なカードを使って、腕を競うようになるでしょう。
WCCFは、バージョンアップによって別のゲームのように変わるので、長期稼働しているコンテンツだと思いますね。
Posted by 上級者 at 2016年01月22日 10:30
皆様、コメントありがとうございます。

>ナナシさん
ご共感ありがとうございます。

>名無しさん
確かにBBHはキャンペーンと新レア、イベントを連発して煽って、いきなり止めるというのはユーザーからすると最悪ではないかなと思います。(ここまでひどいのはある意味コナミ特有ではないかとは思いますが)

>太郎さん
雑誌が売れるということは私も良いことだと思います。この辺は最終的に稼働に繋がるかとうかが重要かなと思います。
また、1人プレイが充実していくというは非常に重要だと思います。
特に趣味チームの方が対人戦での勝利に変わるモチベーションを作るのは重要で、そこがSEGAの知恵の絞りどころな気がします。
→個人的にはマニアックな白等を付録にするのもありかな思っていますが、どれくらい売れるかが未知数なのでコスト的な問題は出るかもしれないです。

>名無しさん
去年のQRコードは中古撲滅を狙っているとも捉えることが出来ますが、個人的には不正カードを無くすための対策(模様対策)ではないかと思いますので、SEGAは転売撲滅までは思っていないのではと思います。
また、カードの売買の良し悪しはありますが、プレイヤーがカードに価値を感じるのは希少性や思い入れもありますが、金銭的な価値に対する優越感というのもあると思いますので、個人的にはカード売買はあった方が良いと思います。(不正や詐欺は除く)

>通りすがりさん
確かに今回は杞憂で終わる可能性はあると思いますが、今の方向性は将来的には良くない考え方ではないかなと思っています。

>上級者さん
カードパワーが重視されるとゲームの寿命が縮まるのは過去のカードゲームの歴史からも明確かなと思います。
ただし、過度に腕を競う時代が続くと初心者がいなくなるのめ明確でそこはタイミングを見て交互に上手くバランスを取る必要があると思います。
そういう意味ではWCCFは比較的、今のところは上手くバランスを取っており、そのおかげで長寿ゲームになっている側面もあります。(移籍等が頻繁に起きるサッカーが題材として恵まれているという要素もありますが)
しかし、これからの時代はよりシビアにその辺のかじ取りが要求されるような気がします。
Posted by ブログ主 at 2016年01月22日 11:17
好きだからこその意見だと思います。
理解できます。、
Posted by すー at 2016年01月22日 11:45
WT無くなりますし対人からCPU相手にまったりやらせる方に舵取りしてみたのでは?と思います
Posted by 名無し at 2016年01月22日 12:14
そろそろ、レア、黒、白でレギュレーションを縛るのには限界が来ているんじゃないでしょうか。

個人的な意見ですが、KOLE、MVP、他レア、黒、白の5種で縛るべきです。

そしたら、MVPとKOLEの使用率は減ると思いますが、コレクターは気にしないと思いますし、バランスが取れる気がします。

クリロナやメッシを使いたい人もレギュレーションによる縛りで、黒や普通のキラを使う事だってありえます。対戦チーム同士のカードパワー格差は縮まる気がします。
Posted by ハリロv at 2016年01月22日 12:45
SEGAにとって雑誌が売れればいい、確かにそうだとは思う。けれどそれはつまりユーザー軽視に繋がるわけで、売り上げばかりを考えることがどれだけ馬鹿なのことか。そして特定選手への過度の集中はゲームの多様性をなくし、単純なゲームになるだけで価値がなくなると個人的に思う。
Posted by 髪抜けた at 2016年01月22日 12:52
記事内容はご指摘通りだと思います。
ただしタイトルはどうでしょうかね。まあアクセスは稼げそうですけど
Posted by ぶらり at 2016年01月22日 13:43
カードぐらいで騒ぎすぎ
何百種類でても結局一握りしか使わない
ゲームが面白ければ別にいいんですよ
面白ければ・・・

本は売る方とすれば売れるほうがいい
人気の選手を付録にすれば売れる
だから売る(買う)

付録ごときで潰れるゲームならそれまで
正直MVP以下の動きだろうし
エスオーシーに毛がはえたくらいでしょ

新規参入狙いですよこの企画は
Posted by ふふ at 2016年01月22日 15:42
最後の方のBBHはキャンペーンなんかやっとらんやろ
あのゲームはキャンプモード出来た時点で終わりがわかってた

WCCFと一緒にするなよ

主様、コメント失礼しました。
Posted by at 2016年01月22日 16:03
勝ち方がサイドで、クリメッシだけだしね

このゲームが、面白いと思う人少ないでしょう。このカードで新規の方増えるといいですね。
Posted by at 2016年01月22日 16:05
たくさんのコメントありがとうございます。

>名無しさん
あくまで、個人的な意見ですが、WTはなくなりますが、グランドトロフィーが代わりに新設されるので、データ対戦が13-14で3冠からユニバーサルに変わったようにマイナーチェンジの領域ではと思います。
ただ、ユーザーの1人プレイ嗜好が想像より強いので充実させる路線というのは間違いないと思います。

>髪抜けたさん
SEGAも収益を上げる必要があるので、売上を考えるのは理解できますが、ゲームがつまらなくなったら元も子もないことを考えて欲しいですよね。

>ふふさん
確かに杞憂で終わる可能性は十分にあります。
また、今回の企画が新規目的であることは確かですが、今回の企画に限らず、レアカードの数値インフレによってゲーム性に影響を与えているのは確かだと思います。

>名無しさん
BBHはイベントというより、3月か4月にカード追加して、やりこんで鍛え終わるくらい(5月くらい)の頃合いに6月で無くなりますとか言っていたので、そういう意味では悪質ではないかなと思います。
個人的には長年、ファンが付いていて、一生懸命プレイしていたのにあの終わり方は非常に悲しい終わり方かなと思います。
正直、あの1件でコナミさんに関しては違うゲームが出てきてもたくさんのお金と時間を投じるのは危険な会社だなと思ってしまいました。
日程等は少し曖昧ではありますが、その点はご了承ください。
Posted by ブログ主 at 2016年01月22日 18:17
逆に次バージョンはセガ的にも満足度完成度共に高い出来になっているのかもしれません
チームの作り方チームスタイルの選び方次第で今まで日陰に甘んじていたカード達も活躍できる
スピードスターが活躍したシーズン、パワータイプが幅を利かせたシーズン、テクニシャンが輝いたシーズン、嗅覚系が牙を剥いたシーズンそのいいとこ取り!

まぁ毎回そう思ってるんですけどね
ただ今回のクリロナばら撒きは何かしらの変化の予兆と思い期待せずに期待しています
Posted by カニサレレス at 2016年01月22日 20:30
自分はたしか、03-04の頃からプレーしているゆうすけです。

04-05の頃は、ローカルエリア・チャンピオンシップのタイトルを獲る為に一番金を使った時期でもありました。この頃が一番楽しかったと思っています

しかし、今ではタイトル戦もほぼCPUで10試合もしたら飽きてしまう有り様です。

自分も、wccfはもうすぐ終わりに近づいているなと思っています。

まず@魅力のないタイトル戦
AU-5Rの撤廃
が無くならないと古参のユーザーは、どんどん辞めていくと思います。

レギュレーションがU-5になるだけでも、テンプレのメンバーが多少プレーヤーによって異なりいいと思うのですが…

wccfの終わりは近いと自分も思います。
Posted by ゆうすけ at 2016年01月22日 21:09
今のROMとテンプレ廃人ばっかりの環境じゃ新規ユーザーはやってもすぐ飽きるでしょうね。俺はライトユーザーで今日久しぶりにプレイしましたけどやっぱり微妙でしたね。

個人的にはレアカードの枚数を減らす、テンプレメンツとそれ以外のメンツの差を縮める、ピルロやチャビなどの人気プレイヤーがもっと輝けるようなゲームシステムにする、試合時間を長くして代わりに任期と余計な低級タイトルを減らす、これらの改善がほしいですね。

特に最後のところなんですけど試合時間が5分は短すぎますし任期の最長150試合は長く感じますね。辞任することもできますけど育成するなら150試合消化は必須ですしね。タイトル数のことですけどCPU戦で獲れちゃう温い全冠ならあんなにタイトル数はいらないと思います。セガはそのへんどう思っているんでしょうかね。

長文失礼致しました。
Posted by ドログバ at 2016年01月22日 23:20
>カニサレスさん
そうですね、SEGAが自身があって色々な選手が活躍出来るバージョンであることを期待したいですね。

>ゆうすけさん
確かにCPUとしか競わないなら、魅力がないタイトルは少し減らしても良いような気がしますね。
U-5Rを撤廃するというのは一時的な対策にしかならないのではと思います。
実際に公式大会では特定の白カード、レアカードは一層に特定のカードに起用が集中していました。
そう考えるとしっかりと調整する、調整に失敗している場合はこまめに調整をして流行りが出来ないよう頑張るというのが重要だと思います。

>ドログバさん
確かに新規ユーザーがプレイした場合にすぐに強い選手が特定出来るので底が浅いゲームに感じてしまいそうです。
後はパワー系とテクニック系の選手が活躍できる必要があるかなと思います。
Posted by ブログ主 at 2016年01月23日 00:29
返信がありましたので、少しだけ補足します。
ロナウドが付録で出たから、終わりの始まりとは、少し浅い考えですね。
今回のロナウドの付録は、他の方がレスしているように初心者を呼び込むためのカードという認識であっているでしょう。
さらに付録は、MVPロナウドよりも弱いのは、今から断言できます。
個人的には、好きなカードを使って、その選手の特性を生かしたカード移動と左手操作と選手選びで勝てるWCCFを今後も望んでいます。

Posted by 上級者 at 2016年01月23日 05:28
1:カード価値の下落が早まるのは今に始まった事ではない。
2:一度でも使ったことがあれば分かると思うが、EXTRAカードは、通常排出が無いものに関してはかなり内部数値が抑えられている(例atleセレソンロベカル、1213brsアウベス、白プジョル、socレバンドフスキetc)
3:テンプレだらけなのは今に始まった事ではない。付録どうこう以前の問題である。

結論:付録が出たところで大勢に変わりは無い。結局各種MVPロナウド、メッシが使われる。
Posted by mf at 2016年01月23日 11:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: