2011年07月15日

エリアチャンピオンシップ対策


最近、ローカルで勝ち上がっているチームの
フォーメーション見ていると、
大きく分けると攻めが2種類の守りが2種類。
これの組み合わせになっている感じ。


攻めの2種類とは縦列車とサイド片攻め(右が多い?)、
まあ、まれに両サイドから攻めるチームもありますが。


守りはフラットに並べる4or5バックと
縦に2列に並べるやり方。オーソドックスな形は
スリーバックの下に2枚のスイーパーを置く5バックかな。
(その中でも相手の右サイドを潰す形で左サイドに人員を
割いている人が若干、多いような気がしてます。)


上記を踏まえて、対策フォメを考えると、
攻めは左からの片攻めでCFとトップ下は
低めに配置。
ちなみに攻めは配置を上目にするか下目にするかで
かなり変わるので、いろいろ試す必要がありそう。

守りは極力真ん中目に前3枚後ろ2枚の5バック。
ちなみに、何故、真ん中目にするかと言うと、
縦列車を防ぐという点がひとつと相手のウイングを
機能させないという点がもう1点です。
まだ、データ対戦の映像ではチェックしていないのですが、
通常プレイでは上目に配置されているウイングに関しては
DFを真ん中に寄せると相手のウイングがサイドに張らずに
内側へ入ってきてしまうので、片攻めを防げるはず。


ちなみに、今週、3チームほど、この形式で登録しましたが、
今のところ、優勝はしていないですが、全てのチームが3回戦以降まで
勝ち進み、PKで負けてます。。。

PKキッカーも考えた方が良さそうなので、
その辺も新しい課題ですね。

posted by ブログ主 at 16:19| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: