2017年05月05日

ユニバーサルチャンピオンシップ20回分のデータまとめてみた

最近、21時のユニバーサルカップに出ることが多く、そこからレアカード1枚分をプレイするとユニバーサルチャンピオンシップが見れるのでデータをまとめてみました。

前提条件として私が登録しているチームは最低120試合は消化しており、KPはチーム、国籍KPもしくはレアKPの組合せです。

レアKPも最低でも1つはGが付いています。

グラフもほぼ完成していて選手のLVもスタメンは30です。

チームのレギュレーションは2回はU-5ですが、他は全て5Rです。

それではユニバーサルチャンピオンシップの結果です。

まず、10/20、半分はCPU相手のトーナメントなので問題なく優勝していました。

対人が絡む残りの半分は7/10の優勝で7割が優勝でした。

しかし、7勝のうち4勝は相手がU-5や全白、6角形が半分以下の基本的には負けないだろうと思えるチームでした。

同じくらいの完成度のチーム相手ですと、3/6と勝率5割、可もなく不可もない感じでした。

体感的には16-17のユニバーサルチャンピオンシップはジャイアントキリングはあまりなく、拮抗した場合はPKではなく90分以内に決着が着きやすい印象です。

試合内容的にも負けた試合は退場者が出てフォーメーションが崩れたり(ボランチにメッシとか止めて欲しい)と理由を明確にしていることが多いです。

もしかすると、バージョンアップで多少は手を入れたのかなという感じです。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:07| Comment(0) | データ対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする