2017年04月12日

付録はユニフォーム違いのLE系とか枠の関係で排出出来なかった白黒が本来あるべき姿

昨日は金枠の話を書いたので今日は付録のお話をします。

こちらも以前に似たようなことを書いてるかもですが、改めて書きたいと思います。

個人的に付録は通常版で出せなかったカードを出すべきだと思っています。

例えば、シャルケのラウールみたいにユニフォーム違いのLE系カード、各枠3〜4枚の低級レアカードなんかも該当するかもしれません。

白黒カードでは各チーム16人、追加を入れても20人程度のカード化枠に入れなかった選手なんかが本来は付録になるべきかなと思います。

そういう意味では今回のワールドサッカーキングの付録は白メルテザッカーで付録らしい付録ですが、誤算は開幕前に怪我をして、今まで出場が無いことでしょうか?

カードラインナップが決まった時点で怪我は知っていたと思いますがこんなに長引くと思わなかったでしょうね。



上記以外では一部の人に需要がありつつも、万人受けはしないので通常排出が難しい、ターゲットが絞られるカードなんかも付録向きかもしれません。

去年のワンチョペや今年のポンテなんかが該当すると思います。

逆に疑問なのは通常排出でもある程度目玉になりそうなカードです。

去年で言えばSPEセルヒオ・ラモスなんかは通常排出でも低級レアの目玉になったと思います。

白90シリーズや付録限定のレアカテゴリーのカードは特殊事例とみるべきなのかなと思いますが、白90なんかは通常排出でも1〜2枚は居ても良い気がします。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:15| Comment(5) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする