2017年01月12日

トータル90の白は終わりへの始まり第二幕なのか、それとも進化への一歩なのか?

去年の今頃、クリロナやノイアー、ネイマール等が付録になったときにそこまで付録にするのはさすがにやりすぎでは?

これはもしかすると終わりへのカウントダウンとなるかもなという記事を書きました。

現実には新規が増えるわけでもレアカードの価値が付録のせいで下がるわけでもなく、ほとんど影響がありませんでした。

結論から言えば、有名選手を別物レアにしても雑誌の売上やゲームの稼働的には想像するほど良くないという感じなんだと思います。

なので、今年は別の策を練ってきました。

それがトータル90の白カードという劇薬です(正確には劇薬かもです、去年のように影響がないという結論もあるかも)。

エクストラカードキャンペーンのリベリー、トゥランに始まり、付録のデ・ブライネ、更に16-17でもフットボリスタの付録の白ロッベンと続きます。

この感じだと今後も付録・エクストラカードでは続きそうです。
後は通常排出にもいるかどうかは気になるところです。

こちらの結果はどうなるのでしょう?



人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:02| Comment(4) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする