2017年01月11日

キャンペーン、バージョンアップのスケジューリングについて

年末年始のゲームセンターを見ていて思ったことがあります。

SEGAは三国志大戦に注力、バンナムは戦場の絆に注力。
と言うよりビルダーは諦めた?

まず、SEGAはWCCFだけでなく艦これもデカいイベントやバージョンアップはなし。

音ゲーとかはわからないのですが、カードゲームに関しては三国志大戦注力なのかなと言う感じでした。

まあ、筐体印刷はさておきとしてもWCCFも次の筐体は三国志大戦ベースのものになると思うので、ATCGジャンルの未来を占う上では重要なのでSEGAが注力するのも納得です。

逆を言えば、WCCFと艦これは無理をする必要がない程度に余裕があるのかも。

まあ、担当者的には長期休暇前のバージョンアップは怖いですからね。

逆にバンナムは戦場の絆のバージョンアップを年末にぶつけていました。
ビルダーコケてるし、アーケード撤退の噂もあるだけにそろそろヤバいので気合い入ってると言う感じでしょうか?

ちなみに、ビルダーはWCCFと同じ日にバージョンアップ予定、でも追加カードの半分が焼き直しらしいので、ヤバそうです。

バージョンアップの回数をお店と握ってるので無理やりバージョンアップしてるという噂もあります。

まあ、WCCFは育成面がリニューアルされたりもするので16-17が勝負ですね。

バージョンアップ楽しみに待ちたいと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:12| Comment(0) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする