2017年01月10日

高校サッカー、明暗を分けたのは大舞台での経験値かな

高校サッカーの選手権が終わりました。

結果は色々なところでニュースになっていますが青森山田高校が前橋育英高校を破り、青森県勢初の優勝を決めました。

決勝戦のスコアは5-0でしたが、青森山田高校の黒田監督も言っていましたが、試合内容的には接戦と言える好ゲームでした。

試合の明暗を分けたのは大舞台での経験値かなと思います。

青森山田高校の大人びたサッカー、Jリーグのユースチームのような感じでプロ予備軍と言える落ち着きでした。

調べると、青森山田高校は中学から一貫で育成しているとのことなので納得です。

逆に前橋育英高校は例年、ポゼッションサッカーで強豪校という感じなので本来は青森山田VS前橋育英言えば横綱同士の対決なのですが、今年は守備から入ってなんとか1点取って勝つみたいな感じで不思議でした。

前橋育英高校は一昨年の準優勝校ですが、今年はインターハイは県予選1回戦敗退、選手権のチームは素晴らしいチームでしたが、晩成型で良くなるのが遅かった分だけ大舞台での経験値が不足していました。

それが決勝では出たかなと言う感じでした。

ただ、前橋育英高校は2年生が多いので来年は期待出来るのではと思います。

今年も面白い大会でした。
来年の大会を楽しみに待ちたいと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:03| Comment(2) | サッカーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする