2017年01月06日

15-16データ対戦を振り返るA最終的に勝てるチームは大きく分けると2パターン

データ対戦振り返りの2回目はバージョン末期の今更感はありますが、勝てるチームがどういうチームなのかについてです。

15-16バージョンは勝てるチームは大きく分けると2パターンだと思います。

1つは皆さんもご存じのインテル、数値の高い黒カードとイブラ、エトー、ブレーメ辺りを入れておけばチャンスあります。

それどころか、ロベカル左ウイングバックのトップ下スタンコビッチ、左ウイングレコバ、合わせはカヌでもベスト4だったので人選も問わないレベルで強いと言えます。

インテルににた感じではイングランドもありますが、少し安定感に欠ける感じです。

もう1つはレアKPにGを付けてしっかり育成したテンプレチームです。

昨日の記事で後日と書いたガチ5Rチームは連携を無視して強いと思う選手を選抜、選んだ選手の中にエウゼビオがいるのですが、合わせは相当良いですが、クリロナ以外とは連携が最悪です。

なので、リストバンドを大量に使って10人くらいはリストバンドで連携を繋げました。

更にシルバー&ブロンズシューズは全放出で5足くらい使いました。

そして、KPも全部にG付けました。
付けたKPはロケット・パスG、バイタルガードG、ペナルティガーディアンGです。(KPにGが付くかは運の要素も大きいのでラッキーでした)

恐らく、私が育てた15-16チームの中では最も完成度の高いチームになりました。
120試合くらいで仕上がったのでエリア出したらあっさり取りました。(ジャパンは惨敗したけど)

この結果からも私は現在のデータ対戦勝つには手軽にやるならインテル、がっつりいくなら5RチームでレアKPにG付けてしっかり育成かなと思っています。

とは言え、運の要素も大きく、配置や調子もあるので一概には言えないんですけどね。

まあ、それもWCCFの面白さでもあると思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:01| Comment(0) | データ対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする