2016年11月30日

WCCF 16-17 ロケテスト 試合中の動きについて

今日は16-17バージョンの試合中について書きたいと思います。

まず、前回のロケテスト同様にGKは堅いです。恐らく、このバージョンはこれで行くのだと思います。

この感じだと09-10のようにGKが未來予想したりはしないですが、サイドからの合わせはなかなか大変だと思います。

会わせる場所が遠目だとヘディングはほぼ入らないですし(今も入りにくいけど、今より入らない)、ボレーでも今よりは入らない印象です。
ボレーもほぼGKの体には当たるので、入るときはGKが弾いて入る感じです。

ただ、至近距離やトラップからのシュートは割と入ります。

つまり、サイド攻撃は今よりもシュートの判断が重要で、センタリングにシュートボタン連打してるスタイルだと厳しいかもしれません。

結果的にはサイド弱体化で中央ロムになるかもしれません。

特にデータ対戦はCPUがセンタリングをポジショニング関係なくシュートするので、中央が強くなるかもしれないです。

後はドリブルのモーションが少し増えていて新バージョン特有のモッサリ感はあります。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:18| Comment(0) | wccf 16-17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする