2016年11月11日

今回のキャンペーンに関しての周りの反応

今回のキャンペーンについて聞こえてきた声をまとめます。

まず、基本的にほとんどの人が喜んでる。(自分が当選する前提で)
一部、こういうカードを普通に排出して欲しい等の声もある。

何が喜ばれているかと言うと、カードの豪華さ、LEOCアンチェロッティに喜ぶ人7割の優良白に喜ぶ人3割、丸岡君に喜ぶ人1人という感じです。

やっぱり、WCCFはカードの排出を上手く考えれば稼働が上がるのは今回のキャンペーン見ても一目瞭然です。

LEOCはカード自体はそこまで強くないけどレアKPになるし、カードの成り立ちを考えると選手選考をしっかりすれば欲しい人が多いのだと思います。

そういう意味では来年以降に誰を出すか、どこで出すか(通常排出・キャンペーン・付録等)は数値のインフレを抑えつつも稼働を上げる鍵を握ってると思います。

数値が高い白黒、使用感が良い上級レアカードは魅力的ではありますが、過去の上級レアカードの価値を相対的に下げるので乱発は過去のカードも使えるというWCCFの魅力を減らすことになると思います。

そう考えると、数値インフレはあまりやり過ぎない方が良いかなとは思います。

ただ、今回のキャンペーンを見ると、キャンペーン自体は大成功ですし、LEOCというレアカテゴリーも作って良かったと思います。

今後も色々な選手が出てくることを楽しみに待ちたいと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:20| Comment(0) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする