2016年10月28日

SEGAの今後開発する全てのアーケードゲームはスマホ連動を視野に入れるらしい・・・WCCFは?

アミューズメントゲーム機器の開発・製造・販売等を行うセガ・インタラクティブが、先日、アーケードゲームのIP(知的財産)をさまざまなデバイスに展開し、そのデバイスに最適化したコンテンツやサービスを提供する“マルチデバイス×ワンサービス”戦略に関する新事業戦略発表会を開催しました。

簡単に言うとアーケードゲームのタイトルをスマホゲームに展開していきますよ。

要するに、麻雀ゲームのMJみたいな展開が今後は増えますよということでした。

この発表会ではCOJとスターホースが今冬に展開されることも合わせて発表されていました。

COJは放っておくとスマホゲームのシャドウバースに客を取られそうなのでナイスアイデアかなと思います。

スターホースは今も連動をしていますが、農園ゲームだけなので、売上期待値を考えると展開したくなる気持ちはよくわかります。

しかし、ダービーオーナーズクラブもそうですが、競馬ゲームの連動ってなかなか上手くいかないんですよね。

そして、本題のWCCFはどうするのでしょう?

チャンフトという失敗例があるので強気になれないのは理解出来ます。
ただ、チャンフトはあくまでもスピンオフですからね、今度は下記の記事にもありますが、連動や事情によりゲームセンターに行けなくなった人を繋ぎ止めることも意識しているのでだいぶ違うのではと思います。

しかも、「スマホアプリで手に入れたカードを、アーケード筐体でプリントアウトして使用することも可能になるかもしれない」とかも言ってるので期待したいです。

普通に考えると、上記の発言はWCCFと三国志大戦を意識した発言ではないかなと思います。

この感じだとWCCFのスマホ連動は来年の春〜夏リリースですかね?

楽しみです。

参考記事
http://www.famitsu.com/news/201610/25119017.html

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:18| Comment(0) | アーケードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする