2016年10月26日

カードラインナップが重要という話の続き

前回の記事にコメントにてレア封入率アップと追加購入が良くないという意見がありましたが、個人的には大成功施策だと思っています。

なぜなら、短時間でプレイすることが可能になりプレイ頻度が上がるからです。

以前のレアを必ず引きたいなら最低3時間くらいは余裕無いとプレイ出来ない環境は最悪でした。

パック切れて1枚パックとかあたると5時間コースとかもあると考えると今では恐ろしくてプレイ出来ないです。

また、最上級のカードに関しては排出量はほとんど増えていないと思います。

実際、私のプレイ量はここ数年(08-09〜)ほとんど変わってないですが、MVPは3枚くらい、KOLEは1〜2枚しか各バージョンで引けてないです。

つまり、上級はバリエーションが増えた為にピンポイント1枚を引く確率は変わってないのです。

カード価格が下がっているのはゲームの設置台数とプレイヤーが減っていることの方が大きいと思います。

もし、稀少価値が値段に反映されるのであれば、ガンダムカードビルダーの2.0のSRなんかは200枚で1枚なので恐ろしい値段になっているはずです。

つまり、ゲームに人気が無ければ確率絞っても価値は上がらないので需要と供給のバランスが大切だと思います。

15-16 ver.3.0に関してはカードの魅力が想定ほど無かったことが人気低迷の要因かなと思います。

やはり目玉は特別人気がある選手かゲーム内で強いカードが必要なのだと思います。

具体的にはLEOCを出し惜しみした、もしくは、交渉に失敗したのが原因ですかね。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:23| Comment(3) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする