2016年10月04日

奇跡の街道Gはスルーパスだけでなく色々凄い

最近、スルーパス重視のスルーパスがやたら通るので久しぶりにピルロのレアKP奇跡の街道でチームを作ってみました。

そうしたら、色々と良くなっていることが分かりました。

まず、スルーパス自体が以前の味方も追い付けないような鬼パスから程よい感じでパスが通るようになっています。

フライスルーパスも時々出してくれますし、自陣からボンッという音を立てて球速速めのグラウンダースルーパスも繰り出されたりします。

更にはセンタリングもボンッていう音と共に普段とは少し違う軌道を描いてくれるので色々と変化があります。

しかもツートップでも機能するのが良くて、ペナルティエリアとゴールエリアの中間地点位でスルーパスをFWが触ってGKが飛び出す動きをしている時はダイレクトシュートでニアサイドを抜いてゴール、出てこない場合はトラップして落ち着いて1対1を制してゴールというのが定番パターンになっています。

パスが長すぎる場合もダイレクトで折り返してくれることが多いのでGKが飛び出してきているので、合せる方のFWは無人のゴールに流し込むだけのごっつぁんゴールになります。

FWの配置次第で上記のプレイ選択の確立が変わったりするので、色々と試しながらプレイ出来るという点でも面白いKPかなと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:11| Comment(2) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする