2016年07月03日

センターモニターでの放映内容と演出について

前回の記事で

「各国の代表選手がプライドを背負って戦っている」
「この国とこの国は、過去の対戦でこんな因縁があった」
「この選手は、この技術を習得するためにこんな努力をしてきた」
「こんな強豪国を相手に勝利するのは、歴史的快挙だ!」

っていう万人に共通する楽しめるサイドストーリーがサッカーやラグビーは魅力を伝えていて、WCCFにもそういう演出が必要なのではないかと書いたのですが、

それに対して、センターモニターに国VS国等のコンセプトが伝わる試合をCPU同士でも良いので放映しては良いのではというコメントをいただきました。

非常に良いコメントをいただいたので、私もセンターモニターの有効な使い方を考えてみたいと思います。

まず、冷静に考えてみると、センターモニターってゲームが稼働してから10年以上経つのに表示している内容は試合の中継、データ対戦等の試合放映、スケジュール確認がメインでほとんど進化がない状況です。

更に掘り下げれば試合中継もアングルや演出に関してはあまり変化がないのではないかと思います。
勿論、解像度が上がったりしているので、多少の変化はあるのですが、工夫の余地はありそうです。

ということで、

まずは、センターモニターで情報として入れたら面白いなと思うことです。

1つはクラブ・代表を問わず近日に予定しているビッグマッチの告知や試合結果の表示。
スタホで言えば、今週のG1レースを告知とかやってるので発想としてはありなのではと思います。

今なら、明日の早朝にEUROでイタリアVSドイツがあるよとか、昨日はウェールズがベルギーに勝ったよとかは現実と連動感が出たりしてよいのではと思います。

少なくとも大きな大会で優勝した国やチームの縛りをやるというのはWCCFでは割と一般的なので、例えば昨日の結果を見てウェールズ風のチーム(縛れないと思うので)やろうかなとか出てくると思います。

後は放映試合もコメントでいただいたCPUではなく、グランドトロフィーの試合ログを取るようにして、過去ログから国縛り試合同士の対戦を放映する等してもよいのではと思います。
他にも頂上対決や店内頂上対決とかも放映してよいのではと思います。

戦国大戦等では当たり前のようにやっているので、少し改修すればできるのではないかなと思います。

また、試合中継の内容も工夫できると思います。
例えば、中級者〜上級者向けで言えば、プレイ中の視点を取り入れて、カード移動や戦術切り替えがわかるようにした方が見る人も増えるでしょうし良いのではと思います。

勝ち方だったり、上手い人のテクニックがわかるようになれば、自然と試したくなるはずなので、グランドトロフィーミッション等で強引にプレイさせなくても、自然とプレイする人は増えると思います。

とりあえず、私が思ったのはこれくらいですが、実現可能かどうかはさておきとして、色々と変更できる要素がセンターモニターにはありそうだなと思いました。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:17| Comment(2) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする