2016年06月13日

6/12 釣果報告 2日連続の満員御礼は付録効果?

昨日は夜からユニバーサルチャンピオンシップの結果受け取りとユニバーサルカップ取りに行って来ました。

前日のユニバーサルチャンピオンシップは準優勝。

4サテライト編成とは言え、ずっと満席でしたから他の時間も人が多かったのかなと思っていたら、チャンピオンシップが放映。

やっぱり、4チーム登録されていました。

この店でチャンピオンシップフル登録は初めてみたかも。

そうこうしているうちにユニバーサルカップの時間が来たので出場、満席でしたが出場は自分のみ。

無人なので当然ながら優勝。

この日もチャンピオンシップは逆山2名の3チーム登録でしたが、無事に優勝。

釣果の方はFRSバルビュエナからパック切れしてSPEイニエスタ。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 12:27| Comment(0) | wccfプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HOLEロベルト・バッジョ(インテル)を付録で出した理由を推測してみる

ワールドサッカーキングの付録、HOLEロベルト・バッジョ(インテル)について記事を書いたときにいただいたコメントを踏まえて、なぜ、付録で出したのかを推測してみたいと思います。

まず、コメントでいただいていたのは単純に雑誌付録の方が儲かるのではというご意見をいただきました、逆にエクストラカードキャンペーンの方が売上が上がるのではという意見もいただきました。

個人的には何とも言えないと思います、短期の売上で見れば、エクストラカードキャンペーンの方が儲かるのではと思います。

しかし、私が推測するには今回の付録は長期の売上を視野に入れて展開したのではと思っています。

主な目的は3つではないかと思います。

1つは過去にWCCFをプレイしていたユーザーのカムバックだと思います。

WCCFのプレイヤーが一番多かったのは恐らくですが01-02、02-03くらいの頃ではないかと思います。

当時はテレビのニュースに取り上げられるくらいの人気でしたので、今の艦これと同等かそれ以上の人気だったと思います。

そう考えると、その頃のプレイヤー、もしくはその頃がプレイ熱のピークで数年前に止めてしまった人をカムバックさせれば、プレイヤー数は増えると思います。

ゼロベースの新規を取るのに比べればカムバックの方がハードルは低いので、プレイヤー数を増やすのに適していると思います。

その時に効果的な手段がバッジョを配ることなのかなと思います。

2つ目は既存のプレイヤーの稼働意欲を増やす目的です。

こちらは以前の記事でコメントにも書きましたが、HOLEというカテゴリーである以上は使いたいと思う人の全員が引くのは難しいものがあります、カードショップでの購入も一番安いフィオレンティーナ版でも6,000円前後なのでなかなか手が出しにくい現状です。

付録で出せば1,000円で手に入り、それでプレイ意欲が高められるならという目的もあるのかなと思います。

最後ですが、勿論、新規を集めるという目的もあると思います。
過去にロベルト・カルロスやベルカンプ等のバッジョ好きと被りが有りそうなカードもありますが、バッジョの方が効果は高いと思います。

こんな感じの目的で敢えて付録にしたのではと思います。

ちなみに、ワールドサッカーキングの在庫状況ですが、本屋さんには比較的在庫があると思いますので、焦って高値転売の商品をネット購入せずに書店を巡った方が良いのではと思います。

ネットで買う場合も価格が昨日よりも明らかに下がっているので、少し経てば定価同等になるのではと思います。





人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:19| Comment(1) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする