2016年05月06日

ACTCGは数値ゴリ押し系と腕の差で何とかなるテクニック系どちらが流行るのか?

WCCFでも時折、議題になりますが、今回は新作ゲームもリリースされたACTCGでこの話題を取り上げたいと思います。

今回、議論の素材に使うゲームは艦これ、ガンダムカードビルダー、WCCFです。

まずは艦これ、こちらは現状から言うと、どちらも可能です。
空母や戦艦といったカードパワー全開でクリアすることも可能ですが、駆逐艦等を使って腕一本で難易度が高いマップをクリアすることも可能です。

ただし、現時点ではCPU相手しかないので、ある意味両方が通用しているのではと思います。

しかし、ゲーム内の要素を見ると、カードパワーを覆す戦略は立案出来そうな感じはあるので、今後も深くプレイすることが出来るのではないかなと思います。

次にガンダムカードビルダー、カードパワーゲームからスタートして、特定カードがテンプレ化するカードパワーゲーム路線を継続しています。
元々のカードビルダーがテクニックを活かせるゲームというか、色々なカードの組合せでなんとか出来るかもと思える、ネットが発展する前のWCCF(数年前)のようなカード資産があれば、戦略の幅が広がるゲームだっただけにユーザーの反発も大きいようです。

時代的な変化がカードパワー系に変えたという要素はありますが、仮にターゲットがガンダムエクストリームバーサス等の若いユーザーだったのだとすれば、一層、ターゲットニーズからずれている印象です。

若いユーザーは基本的にお金がないので、テクニックでなんとか出来るゲームの方が好まれる気がしますので、そのへんのバランスに失敗しているのが不人気の一因かなという気がします。

最後にWCCF、私の意見ですが、現状はカードパワーゲームとテクニック系が上手く共存している印象です。
対人に関してはカードパワーゲームになりそうですが、データ対戦は縛りチームが躍進しており、工夫でなんとかなりそうな感触はあります。

更に言えば、12-13の時のように結果的にはデータ対戦で強いチームが対人でも強いという可能性もありますので、今のところは割とみんなが満足する調整が出来ているのではないかと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:18| Comment(8) | アーケードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする