2016年05月05日

5/4 釣果報告 久しぶりに都内でプレイ

ゴールデンウィークに入ってから都内に行く機会がなかったのですが、久しぶりに所用で都内に足を運びました。

そのついでに都内のゲームセンターを色々と見ていました。
艦これ設置店で900GP制限という長めにプレイできるお店があったので、受付をして、待っている間にWCCFをぷれいしました。

まあ、待っている間といっても30人くらい待ってて、4台のお店なので、12時前に受付して、5時間待ちでした。。。

ということで、ユニバーサル2店舗をハシゴして2チームほど登録、さらに、余った時間にほとんどグランドトロフィーに参戦していないチームでエリアBに出場。

インテル縛りのチームなので、このチームは敢えてカードを動かさずにプレイしたのですが、対戦相手も日本縛りやドルトムント縛り、基本的に縛りチームとあたったので面白かったです。

釣果の方はダニエル・アウベスとコウチーニョでした。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 22:43| Comment(0) | wccfプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロケテスト、活かすも殺すもメーカーの姿勢次第

今年は大型のACTCG、艦これとガンダムカードビルダーがリリースされています。

共に期待の大作でしたが、既に明暗ははっきりわかれています。

恐らくですが、艦これはアーケードの歴史に名前が残るであろうヒット作品になりますが、カードビルダーはバンナムも忘れたくなる黒歴史になりそうです。

黒歴史くらいならかわいらしいですが、カードビルダーで経営難になりましたというゲームセンターやカードショップも出そうです。

ちなみに、カードショップは買い取り止めてる店が出てきたのでヤバそうです。

さて、本題に戻るとこの2作品、ACTCGというジャンルだけでなく、他にも共通点があります、キャラクターものであるという点、更には1回目のロケテが転けていた点です。

つまり、1回目のロケテ時点では評価は一緒くらいだったのです。

しかし、そこからの改良で大きく道をわけました、SEGAが開発する艦これは1回目ロケテの不評をみて大きくリニューアル、プレイヤーのアクション性等を向上させて見事なゲームに仕上げました。

逆にカードビルダーは演出、キャラクター要素を前面に出すという、不評を省みないバージョンアップを行い、結果は不評のままリリースとなりました。

正直、サービス開発において、ユーザーの意見を聞くことが良いとも限らないのですが、今回に関してはカードビルダーは完全に失敗したと思います。

何より旧カードビルダーと比べても駄作と言われてしまうのは辛いものがあります。
良くも悪くもユーザーの視点は旧カードビルダーのナンバリングという目線ですので、旧カードビルダーを研究して作るべきだったのではないかなと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:15| Comment(0) | アーケードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする