2016年04月30日

艦これでも話題なので、改めて無制限台の意味を調べてみた

艦これが大人気のため、ゲーセン初心者も多く、色々な誤解がある無制限台の意味を改めて調べてみました。

一応、世の中のスタンダードでは無制限台はその名の通りプレイ数に制限はありません。

ただし、プレイを休憩したりするのはご法度であると思われています。
なので、人気ゲームだと、朝一から夜までという人もいるので待っていても空かないという可能性があります。

個人的にはトイレやジュース買うくらいは良いだろうと思うのですが、どうなのでしょう?

たまに、並んでるのだから譲るべきとか言ってる人もいますが、本来は座っている人の自由です。

まあ、慣れるまでは鉄のハートじゃないとプレッシャーキツくて1〜2時間くらいで空けたりしちゃいます。

ただし、ゲームセンターは鉄のハートの人だらけなので、人気ゲームの無制限台は空けたら最後、次の順番は来ない可能性大です。

WCCFの場合、無制限台がありがたいと感じれた時代は1パックにレア1枚、運が良いと2枚くらいの時代でしたので、レア引けずに長時間やっているとプレッシャーはかなりのものでした。(当時は大学生くらいで若くて金がないと思われていたのかも)

WCCFの初期の頃は無制限台でレア出るまで粘るか、交代台で1発狙うか悩みました。

無制限台だと、最愛は20枚目くらいでレア引かれた台とかに座ると、30クレジットでパック切れ、パック頭30越えで下級レアとかあり得るので、1日がかりでプレイして、万単位のお金使って下級レアとかありました。

そう考えると艦これはマイペースプレイなので、良心的な気がします。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 00:15| Comment(0) | アーケードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする