2016年01月28日

wccf15-16 初プレイの感想

先程まで、少しだけプレイしました。

初感を軽く書いて見たいと思います。

まず、動きについてですが、ヘディングは躍動感のあるものからポストプレイ的な落としまで幅広くモーションが追加されている。
ついでにロケテでもあったイナバウアー的な反りからの胸トラップもありました。

他にもパスモーションやドリブル中の停止モーション等のロケテであったモーションはほぼそのままありました。

全体的にもっさりしているが、ロケテに比べれば軽い動きをしている印象。

KPに関してはダイレクトプレイでドッカンパスでサイドチェンジしなかったが、連携がないだけの可能性もあり、引き続き調べる予定。
クロス重視は以前同様にドッカンパスでサイドチェンジしていた。

他にもスタミナはポジション適性がかなり重要でクライフの右ウイングやニースケンスの右トップ下、ラサナのボランチは1試合持たないときもある。

逆にリベリーやルーニーが左サイドにいても余裕でスタミナが1試合持っていた。

断定は出来ないけど、ロケテ同様にポジション適性がスタミナに影響を与えている可能性が高い。

育成面では黄金擦りは残っていて割と成功するが、効果は薄い。
3回成功したが、連携線が映えないので限界突破をしなくなったかもしれない。

とりあえず、感じたことを雑多に色々と挙げて見ました。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 15:11| Comment(2) | wccfプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする