2016年01月04日

WCCF15-16で試す用チームを検討B

WCCF15-16で試す用チームを検討しています。

前回、オフェンスキープレイを決めたので今日はディフェンスキープレイを決めたいと思います。

ディフェンスキープレイですが、主力がプレス系から変わるのではという前提で考えています。
少なくともハードプレスではないのではと思い、考えていきたいと思います。

今までの流れからいけば組織守備重視が最も最有力ですが、それでは11-12に逆戻りするだけなので、それ以外からも候補を考えたいと思います。

組織以外ではインターセプトとカバーリングに魅力を感じます、この2つは今バージョンも1つの弱点を除いて動きは悪くないので弱点が解消すれば使えるのではと思います。

その弱点とは中央攻撃に劇的に弱いことです、特にカバーリング重視はプレスが緩むというより、中央を開けるような感じなので今のバージョンでは厳しい印象です。

中央が流行るという予想から考えると、中央全体の動きが良くなるのではと思い、インターセプトとカバーリングに期待したいと思います。

また、中央が有効ということであれば、本来はディレイディフェンスやリトリートが機能する場面があっても良いのではないかと思います。
例えばですが、ディレイやリトリートがプレスする地点が自陣に下がるだけで自陣に入ってきたら数をかけてプレスする等があれば良いのではないかなと思います。

色々なディフェンスキープレイを出しましたが、流行ったら起用選手に変化が起きそうなのはディレイディフェンスやリトリートかなと思います。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 22:34| Comment(0) | wccf 15-16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする