2015年08月12日

今と昔の選手の一番の違いはスタミナ

本日発売のフットボリスタに柏田Pのインタビューが載っています。

そのなかで、いくつか面白いことを言っています。

ひとつは今の選手と昔の選手の違いについて聞かれたところ、スタミナと答えています。

確かに、前線の選手に関しては平均を取れば今の選手の方が運動量は多そうですね。

とは言え、昔の選手が今の選手よりも試合終盤にスタミナ切れをしていたかと言われれば違う気がします。

そう考えると、昔の選手はスタミナは低くても良いので、守備意識を低くして、終盤まではスタミナを持つようにして欲しいところです。(今もしていますが、もう少し欲しいところ)

他にも、ダイレクトプレイ+ハードプレスでゲーゲンプレッシング、ハードプレス+ラインコントロール+選手全体を高め配置でゾーンプレス等の戦術紹介もありました。

個人的にはハードプレス自体は現代サッカーの流行でもあると思うのでWCCFで流行していても良いと思います。
しかし、ハードプレスしないときのメリットが少ないのは問題かなと思います。

例えば、組織守備とゲームメイクだと相性が良くて、通常より、ボールロストが減るとか有っても良いのかなと思います。




人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら
posted by ブログ主 at 13:54| Comment(2) | wccfつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする